メンズの髪型で人気のアップバングスタイルのセットで1番のお悩みが「前髪が落ちてくる」
お客様からもジェルなどでがっちり固めないと『前髪が落ちてきちゃう』とよく伺います。

そこで今回はアップバングの中でも崩れやすい動きのあるスタイルでセットのもちを少しでも良くできる方法を紹介します。

ワックスをたくさん着けたり、スプレーで固めたりしても長持ちしない。
そんな方たちに少しでもヒントになればと思います。

アップバングのセット~なぜ前髪が落ちてくるの?

前髪が落ちてくるのに様々な理由があると思いますが、美容師としてこれはしんどいなと思う理由を挙げてみますね。

毛質が崩れやすい毛質(状態)

  1. 生え際の根本のクセが前に向かいつぶれている
  2. 髪の毛がストレート
  3. 髪が極端に固いか柔らかい
  4. 前髪の長さが長い(伸びてしまって)

整理すると
髪の毛にクセが付きにくい方
髪の毛の重さをコントロールできない方
だと思います。

特に①と②の複合型の方は、動きをつけることが難しいので、残念ながらがっちり固めるかパーマをおススメします。

スタイリング剤が良くない

これはありがちで、手持ちのスタイリング剤でとりあえずやってみたけれどうまくいかない、というケース。

向いていないのはハードワックスだけれど油分が多くて重たいもの(分かりにくいですね)
これはスタイリング剤の重さで崩れやすくなってしまうのです。

セットの順番

そして最後はセットの順番です

やりがちなのは、前髪を上げるからと前髪から作り込むケースですがこれは考えもの。

ジェルなどでがっちり固める場合は良いと思いますが、ナチュラルに仕上げる場合は、先に前髪を作ると、前髪以外の部分を作っているうちに前髪がだれてきてしまいます。

アップバングに適したスタイリング剤

スタイリング剤の写真

アップバングスタイルに相性が良いもの

乳液タイプのハードワックス

スタイリング剤の写真

アリミノメンハードミルク

これは着け心地が軽くて動きを出すベースとして使うのに向いています。

セミグロスタイプのハードワックス

スタイリング剤の写真

フィヨーレクリエイティブデザインハードワックス

こちらはツヤ感が優秀で動きをしっかり出してくれます。クセやパーマでパサつきやすい方に向いています。

速乾性ジェル

こちらは伸びかけの仕上げやポイントで使います。

スタイリング剤のセレクトも大事なのですが、つける量も大事になります。

極端な話ではありますが、ドライワックスでもたくさんつければドライ感は無くなりますし、ツヤ系ワックスでも少なければツヤ感が出ないとなるのです。
美容師さんからのアドバイスも大事ですが、自分の髪の毛に合う適量を早く見つけることが大事ですね。

メンズのしっかりアップバングの効果的なセット


もちの良いアップバングセットの仕方はどの様にすればいいでしょう?

普通に前髪をかき上げるだけでは落ちてきてしまいます

それなので前髪を立ち上げつつ横の髪の毛でブリッジを作ります。
前髪すべてをかき上げると塊で落ちてくるので、半分を上げずに支えにするイメージです。

順番にこだわる


それともう一つ個人的に、今回のケースでどこからセットしていくのかもポイントになると思います。

全体的な動きを出す(自然な丸みを作る)

前髪の立ち上がりをつける(フロントからの高さを整える)

スプレーで固定する

細かいテクニックはいろいろありますが、ナチュラルに仕上げるアップバングスタイルの方は順番にもこだわってみてください。

崩れないセットで快適な日々を

メンズアップバングスタイルの写真

今回は崩れにくいアップバングのセットをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

余りにも伸びすぎていたり、生えグセによっては難しいこともあると思いますが参考になれば幸いです。

今回も最後までありがとうございました。

アップバングスタイルの関連動画はこちら↓
アップバングスタイルのこだわりや特徴を紹介(boucle流)

アップバングをお洒落に見せるパーマとカットについて(boucle流)

boucleの様々なスタイルはこちら↓
お客様のスタイル


boucleホームページ